指圧マッサージを受けると幸せホルモンが増加し、ストレスホルモンが減少する!?

「タッチケア」で有名な米マイアミ大学のTiffany Field (ティファニー・フィールド)博士の研究によると、

指圧マッサージによってセロトニン(幸せホルモンとも呼ばれる)と、ドーパミンが分泌され、コルチゾール(ストレスホルモンとも呼ばれる)が減少する

ということがわかったそうです。

目次

マッサージを受けるとどうなる?

この研究結果によると、指圧マッサージを受けることによって、

  • ストレスに反応して分泌されるコルチゾール31%低下する
  • その反面、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニン28%増加する
  • 意欲の向上につながるドーパミン31%増加する

ということが分かったそうです。

つまり、人の手によるマッサージを受けるだけで幸福感がアップし、ストレスが軽減するということが明らかになったのです。

くまやま
古来から、指圧やマッサージなどが東洋医学として確立していることも納得がいきますね。

人は、人と触れ合うことでエネルギーをもらう

世界各地で古くから見られる、「手当て療法」と言うものがあるように、人は、人に触れてもらうだけでエネルギーを貰い受けることができるのです。

「手当て療法」とは、手のひらや指先を患部などに当てたりかざしたりするだけで身体の不調を治そうとする方法です

手当て療法というものは、科学的にはまだ解明されていない、生物だけが持っている力の別名と言っていいでしょう。手のひらから伝わる、確かな温もりというものがあるようです。

※(新興宗教でなさってる方々もおりますが、それらを指すものではありません)。

「触れることの科学」といった題名の本も出版されるほどです。

created by Rinker
¥1,980 (2022/07/05 10:41:50時点 Amazon調べ-詳細)

参考

研究者のティファニー・フィールド博士の著書

created by Rinker
¥1,760 (2022/07/05 10:41:51時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる